公開フォーラム

開催案内

日本医師会・日本医学会合同公開フォーラム

テーマ HPVワクチンについて考える
日時 平成30年10月13日(土曜日)13:00~17:20
場所 日本医師会館 大講堂
〒113-8621 東京都文京区本駒込2-28-16
TEL 03-3946-2121(代)
*車での来館はご遠慮ください。駐車できません。

印刷用PDFのダウンロード


プログラム

総合司会:門田 守人(日本医学会長)、釜萢  敏(日本医師会常任理事)

13:00 開会の挨拶1
  横倉 義武(日本医師会長)

13:05 開会の挨拶2
  門田 守人(日本医学会長)

13:10 序論
  釜萢  敏(日本医師会常任理事)

Ⅰ(座長):藤井 知行(東京大学大学院医学系研究科産婦人科学教授)

13:20 子宮頸がん(総論)
  宮城 悦子(横浜市立大学医学部産婦人科主任教授)

13:30 HPVワクチンの普及と社会:世界の現況
  シャロン・ハンリー(北海道大学大学院医学研究院生殖・発達医学分野産婦人科学教室特任講師)

14:00 HPVワクチンの安全性についての厚労省研究班
  祖父江 友孝(大阪大学大学院医学系研究科環境医学教授)

14:30 HPVワクチン接種者で様々な症状を訴える人の診療経験
  牛田 享宏(愛知医科大学医学部学際的痛みセンター教授)

Ⅱ(座長):高橋 孝雄(慶應義塾大学医学部小児科教授)

15:00 HPVワクチン接種後の機能性身体症状─その考え方と診療、今後の体制の提案─
  奥山 伸彦(JR東京総合病院前副院長)

15:30 HPVワクチンの有効性について─本邦の報告─
  榎本 隆之(新潟大学大学院医歯学総合研究科産科婦人科学教授)

16:00 ワクチン全般の安全性と重要性─小児科医の立場から─
  及川  馨(日本小児科医会業務執行理事・公衆衛生担当)

16:30 休憩

16:45 フロアーとの質疑応答
  (司会)門田 守人、釜萢  敏、藤井 知行、高橋 孝雄

17:15 総括
  門田 守人(日本医学会長)

17:20 終了

参加者には、日本医師会生涯教育制度(3.5単位)および3カリキュラムコード[7(1単位)、11(2単位)、15(0.5単位)]が付与されます。同時に日本内科学会認定総合内科専門医更新(2単位)の取得参加証が発行されます。(但し、関係者のみ)。

主催:日本医師会 日本医学会
後援:NHK
組織委員:藤井 知行(東京大学大学院医学系研究科産婦人科学教授)
     高橋 孝雄(慶應義塾大学医学部小児科教授)
参加費:無料
入場券:参加申し込み後、10日以内に本会より送付します。
締め切り:先着500名(500名に達した場合には、入場券は送付いたしません)
問い合わせ先:日本医学会
〒113-8621 東京都文京区本駒込2-28-16 日本医師会館内
TEL:03-3946-2121(代) FAX:03-3942-6517

オンライン参加申し込み

お申し込みは終了いたしました。
ご応募ありがとうございました。

印刷用PDFのダウンロード

日本医師会・日本医学会合同公開フォーラム
印刷用PDF

PDFファイルのダウンロード方法
Windowsの場合…右クリックから「対象をファイルに保存」を選択してください。
Macintoshの場合…control+クリックで「リンクをディスクにダウンロード」を選択してください。

このページのTOPへ