シンポジウム

開催案内

第153回日本医学会シンポジウム

テーマ 身近になったゲノム医療~研究から診療への課題~
日時 平成30年6月2日(土曜日)13:00~17:05
場所 日本医師会館 大講堂
〒113-8621 東京都文京区本駒込2-28-16
TEL 03-3946-2121(代)
*車での来館はご遠慮ください。駐車できません。

オンライン参加申込はこちら

印刷用PDFのダウンロード


プログラム

13:00 開会の挨拶
  門田 守人(日本医学会長)

13:05 序論
  福嶋 義光(信州大学名誉教授 特任教授)

I. ゲノム医療の基盤整備
  (座長)福嶋 義光(信州大学名誉教授 特任教授)

13:15 1.ゲノム医療のわが国での実装化へ向けての課題
  高田 史男(北里大学大学院医療系研究科教授 臨床遺伝医学)

13:45 2.東北メディカル・メガバンク計画の目標と進捗状況
    ―世界最先端のバイオバンク構築を目指して

  布施 昇男
  (東北大学東北メディカル・メガバンク機構教授 地域支援仙台センター長)

14:15 3.多因子疾患の大規模ゲノム解析結果による将来的な医療応用に向けた取り組み
  鎌谷洋一郎
  (京都大学大学院医学研究科准教授 附属ゲノム医学センター疾患ゲノム疫学)

II.ゲノム医療の実践
  (座長)小西 郁生(国立病院機構京都医療センター院長)

14:45 4.周産期医療とゲノム医療
  久具 宏司(東京都立墨東病院 産婦人科部長)

15:05 5.遺伝性腫瘍診療における転換期を迎えて、
    遺伝カウンセリングの役割を再考する

  植木 有紗(慶應義塾大学病院予防医療センター/産婦人科/臨床遺伝学センター)

15:25 6.ゲノム医療の組織構築と人材育成
  古庄 知己(信州大学医学部附属病院 遺伝子医療研究センター准教授)

15:45 休憩

16:00 総合討論
  (司会)福嶋 義光・小西 郁生

17:00 閉会の挨拶
  門脇  孝(日本医学会副会長)

17:05 終了

参加者は、日本医師会生涯教育制度のカリキュラムコード3(医療倫理:研究倫理と生命倫理)1.5単位と、2(医療倫理:臨床倫理)1単位と、0(その他)1単位の合計3.5単位取得できます。参加の際には、医籍登録番号、所属の郡市区医師会名をご記入ください。また、日本内科学会認定総合内科専門医更新(2単位)の取得参加証が発行されます。(但し関係者のみ)

主催:日本医学会
組織委員:福嶋 義光・小西 郁生
参加費:無料
入場券:参加申し込み後、10日以内に本会より送付します。
締め切り:先着500名(500名に達した場合には、入場券は送付いたしません)
問い合わせ先:日本医学会
〒113-8621 東京都文京区本駒込2-28-16 日本医師会館内
TEL:03-3946-2121(代) FAX:03-3942-6517

オンライン参加申し込み

参加希望者のご氏名・ご住所等の個人情報は、入場券の送付に使用させて頂きます。
第三者に提供することはありません。

印刷用PDFのダウンロード

第153回日本医学会シンポジウム印刷用PDF

このページのTOPへ