シンポジウム

抄録

第132回日本医学会シンポジウム

テーマ わが国の臓器移植―現状と問題点―
日時 平成19年8月2日(木曜日)13時~17時5分
場所 日本医師会館 大講堂
〒113-8621 文京区本駒込2-28-16
TEL 03-3946-2121(代)
*車での来館はご遠慮ください。駐車できません。

プログラム

13時 開会の挨拶
  髙久 史麿(日本医学会長)

13時5分 序論
  大島 伸一(国立長寿医療センター)

【座長】門田 守人(阪大・病態制御外科学)
13時15分 1. 各種臓器の移植の現状
  寺岡  慧(東女医大・腎臓外科学)
13時40分 2. 移植待機患者の現状
  福嶌 教偉(阪大・移植医療部)

【座長】大島 伸一(国立長寿医療センター)
14時5分 3. 脳死臓器提供の現状と問題点
  有賀  徹(昭和大・救急医学)
14時30分 4. 生体移植の現状と問題点―生体肝移植ドナーの予後調査をふまえて―
  里見  進(東北大・先進外科学)

【座長】寺岡  慧(東女医大・腎臓外科学)
14時55分 5. 渡航移植の現状と問題点
  小林 英司(自治医大・臓器置換研究部)
15時20分 6. 臓器移植法案改正の動向
  河野 太郎(衆議院議員)

16時20分 休憩

16時30分 総合討論
【司会】大島 伸一(国立長寿医療センター総長)
    寺岡  慧(東女医大臓器総合医療センター教授)
    門田 守人(阪大大学院医学系研究科教授)

17時 閉会の挨拶
  出月 康夫(日本医学会副会長)

参加者には、日本医師会生涯教育制度(5単位)ならびに日本内科学会認定内科専門医更新(2単位)の取得参加証が発行される。(但し、関係者のみ)

主催:日本医学会
組織委員:大島 伸一・寺岡  慧・門田 守人
参加費:無料 出席者は討論に参加できます。
入場券:参加申し込み後、10日以内に本会より送付します。
締め切り:先着500名(500名に達した場合には、入場券は送付いたしません)
問い合わせ先:日本医学会
〒113-8621 東京都文京区本駒込2-28-16 日本医師会館内
TEL:03-3946-2121(代) FAX:03-3942-6503

抄録PDF

第132回日本医学会シンポジウム抄録PDF

このページのTOPへ