シンポジウム

抄録

第135回日本医学会シンポジウム

テーマ 腎と全身疾患―CKDをめぐる最近の話題―
日時 平成20年12月4日(木曜日)13:00~17:00
場所 日本医師会館 大講堂
〒113-8621 文京区本駒込2-28-16
TEL 03-3946-2121(代)
*車での来館はご遠慮ください。駐車できません。

プログラム

13:00 開会の挨拶
  髙久 史麿(日本医学会長)

【座長】富野 康日己(順天堂大・腎臓内科学)
13:05 序論:なぜ今CKDが注目されているのか
    ―わが国のCKD対策のあゆみと今後の展望―

  槇野 博史(岡山大・腎・免疫・内分泌代謝内科学)
13:15 1. CKD診療ガイドと日本人のGFR推算式
  松尾 清一(名大・腎臓内科学)
13:40 2. 心血管イベントとアルブミン尿の重要性
  柏原 直樹(川崎医大・内科学(腎))

【座長】槇野 博史(岡山大・腎・免疫・内分泌代謝内科学)
14:05 3. 糖尿病性腎症対策の最近の知見
  鈴木 芳樹(新潟大・保健管理センター)
14:30 4. 高血圧とCKD
  木村 玄次郎(名市大・心臓・腎高血圧内科学)

【座長】伊藤 貞嘉(東北大・腎・高血圧・内分泌学)
14:55 5. 腎炎・ネフローゼ・血管炎
  今井 圓裕(大阪大・老年・腎臓内科学)
15:20 6. 地域医療連携とCKD重症化予防のための戦略研究(FROM-J)
  山縣 邦弘(筑波大・腎臓病態医学)

15:45 休憩

15:55 総合討論
【司会】富野 康日己(順天堂大・腎臓内科学)
    伊藤 貞嘉(東北大・腎・高血圧・内分泌学)

16:55 閉会の挨拶
  矢﨑 義雄(日本医学会副会長)

17:00 終了

参加者には、日本医師会生涯教育制度(5単位)ならびに日本内科学会認定総合内科専門医更新(2単位)の取得参加証が発行される。(但し、関係者のみ)

主催:日本医学会
組織委員:富野康日己・伊藤 貞嘉・槇野 博史
参加費:無料 出席者は討論に参加できます。
入場券:参加申し込み後、10日以内に本会より送付します。
締め切り:先着500名(500名に達した場合には、入場券は送付いたしません)
問い合わせ先:日本医学会
〒113-8621 東京都文京区本駒込2-28-16 日本医師会館内
TEL:03-3946-2121(代) FAX:03-3942-6517

抄録PDF

第135回日本医学会シンポジウム抄録PDF

このページのTOPへ