シンポジウム

抄録

第144回日本医学会シンポジウム

テーマ 臨床応用をめざしたiPS細胞研究
日時 平成25年6月6日(木曜日)13:00~17:00
場所 日本医師会館 大講堂
〒113-8621 東京都文京区本駒込2-28-16
TEL 03-3946-2121(代)
*車での来館はご遠慮ください。駐車できません。

プログラム

13:00 開会の挨拶
  髙久 史麿(日本医学会長)

13:05 序論
  岡野 栄之(慶應義塾大学・生理学教室)

I.【座長】小室 一成(東京大学大学院・循環器内科学)

13:15 1.真に応用可能なiPS細胞技術の開発
  中川 誠人(京都大学iPS細胞研究所・初期化機構研究部門)

13:35 2.iPS細胞由来輸血製剤の開発
  江藤 浩之(京都大学iPS細胞研究所・臨床応用研究部門)

II.【座長】中内 啓光(東京大学医科学研究所・幹細胞治療研究センター)

13:55 1.細胞から臓器へ;iPS細胞から臓器を創る
  中内 啓光(東京大学医科学研究所・幹細胞治療研究センター)

14:15 2.細胞シートによる心筋再生治療
  澤  芳樹(大阪大学大学院・心臓血管外科)

14:35 3.角膜再生~体性幹細胞からiPS細胞へ~
  西田 幸二(大阪大学大学院・脳神経感覚器外科学(眼科学))

III.【座長】岡野 栄之(慶應義塾大学・生理学教室)

14:55 1.iPS細胞を用いた脊髄再生医療の実現に向けて
  中村 雅也(慶應義塾大学・整形外科学)

15:15 2.iPS細胞を用いたパーキンソン病治療
  高橋  淳(京都大学iPS細胞研究所・臨床応用研究部門)

15:35 3.神経の疾患とiPS細胞研究
  岡野 栄之(慶應義塾大学・生理学教室)

15:55 休憩

16:10 総合討論
【司会】小室 一成、中内 啓光、岡野 栄之

16:55 閉会の挨拶
  門田 守人(日本医学会副会長)

17:00 終了

参加者には、日本医師会生涯教育制度(4単位)および8カリキュラムコード(4、7、8、19、30、36、43、62)が付与されます。同時に日本内科学会認定総合内科専門医更新(2単位)の取得参加証が発行(予定)されます。(但し、関係者のみ)

主催:日本医学会
組織委員:小室 一成・中内 啓光・岡野 栄之
参加費:無料 出席者は討論に参加できます。
入場券:参加申し込み後、10日以内に本会より送付します。
締め切り:先着500名(500名に達した場合には、入場券は送付いたしません)
問い合わせ先:日本医学会
〒113-8621 東京都文京区本駒込2-28-16 日本医師会館内
TEL:03-3946-2121(代) FAX:03-3942-6517

抄録PDF

第144回日本医学会シンポジウム抄録PDF

このページのTOPへ