シンポジウム

抄録

第145回日本医学会シンポジウム

テーマ 乳がん
日時 平成25年12月19日(木曜日)13:00~17:00
場所 日本医師会館 大講堂
〒113-8621 東京都文京区本駒込2-28-16
TEL 03-3946-2121(代)
*車での来館はご遠慮ください。駐車できません。

プログラム

13:00 開会の挨拶
  髙久 史麿(日本医学会長)

13:05 序論
  池田  正(帝京大学 外科学)

I.【座長】池田  正(帝京大学 外科学)

13:10 1.乳がんの疫学
  永田 知里(岐阜大学大学院腫瘍制御学 疫学・予防医学)

13:30 2.乳がん検診:利益と不利益
  大内 憲明(東北大学大学院)

13:50 質疑応答

II.【座長】藤原 康弘(国立がん研究センター 企画戦略局)

13:55 1.乳がん外科治療の現状
  岩瀬 拓士(がん研有明病院乳腺センター 乳腺外科)

14:15 2.乳房温存療法における放射線治療―治療期間の短縮―
  加賀美芳和(昭和大学 放射線治療学)

14:35 3.分子標的薬を中心とする薬物療法
  田村 研治(国立がん研究センター 乳腺・腫瘍内科)

15:05 質疑応答

III.【座長】平岡 真寛(京都大学 放射線治療科)

15:15 1.乳がん術後の乳房再建
  淺野 裕子(亀田総合病院乳腺センター 乳房再建外科)

15:30 2.我が国における遺伝性乳がん・卵巣がん(Hereditary Breast and Ovarian Cancer:HBOC)の現状と今後の対策
  中村 清吾(昭和大学 乳腺外科)

15:45 質疑応答

15:50 休憩

16:05 総合討論
  【司会】池田  正・藤原 康弘・平岡 真寛

16:55 閉会の挨拶
  清水 孝雄(日本医学会副会長)

17:00 終了

参加者には、日本医師会生涯教育制度(4単位)および8カリキュラムコード(1、2、5、6、11、22、24、81)が付与されます。同時に日本内科学会認定総合内科専門医更新(2単位)の取得参加証が発行(予定)されます。(但し、関係者のみ)

主催:日本医学会
組織委員:池田  正・藤原 康弘・平岡 真寛
参加費:無料 出席者は討論に参加できます。
入場券:参加申し込み後、10日以内に本会より送付します。
締め切り:先着500名(500名に達した場合には、入場券は送付いたしません)
問い合わせ先:日本医学会
〒113-8621 東京都文京区本駒込2-28-16 日本医師会館内
TEL:03-3946-2121(代) FAX:03-3942-6517

抄録PDF

第145回日本医学会シンポジウム抄録PDF

このページのTOPへ