シンポジウム

抄録

第147回日本医学会シンポジウム

テーマ わが国の高齢者医療をめぐる諸問題
日時 平成27年6月4日(木曜日)13:00~17:00
場所 日本医師会館 大講堂
〒113-8621 東京都文京区本駒込2-28-16
TEL 03-3946-2121(代)
*車での来館はご遠慮ください。駐車できません。

プログラム

13:00 開会の挨拶
  髙久 史麿(日本医学会長)

13:05 シンポジウム概説(序論)
  大内 尉義(虎の門病院病院長)

I.高齢者医療における最新の概念
  【座長】大内 尉義(虎の門病院病院長)

13:15 1.高齢者の定義を再考する
  鈴木 隆雄((独)国立長寿医療研究センター研究所長)

13:40 2.高齢者の健康寿命を障害するフレイルの概念と意義
  荒井 秀典((独)国立長寿医療研究センター病院副院長)

II.高齢者医療のエビデンスUpdate
  【座長】秋下 雅弘(東京大学大学院医学系研究科教授 加齢医学)

14:05 3.認知症医療の現状と将来展望
  荒井 啓行(東北大学加齢医学研究所教授)

14:30 4.高齢者の安全な薬物療法ガイドライン
  秋下 雅弘(東京大学大学院医学系研究科教授 加齢医学)

III.超高齢社会を見据えた医療介護制度とそのシステム構築
  【座長】辻  哲夫(東京大学 高齢社会総合研究機構特任教授)

14:55 5.介護保険制度と地域包括ケアシステム
  迫井 正深(厚生労働省老健局 老人保健課長)

15:20 6.“Aging in Place”実現のための地域づくり
  飯島 勝矢(東京大学 高齢社会総合研究機構准教授)

15:45 休憩

16:00 総合討論
  【司会】大内 尉義、秋下 雅弘、辻  哲夫

16:55 閉会の挨拶
  久道  茂(日本医学会副会長)

17:00 終了

参加者には、日本医師会生涯教育制度(4単位)および8カリキュラムコード(7、8、13、14、19、29、73、80)が付与されます。同時に日本内科学会認定総合内科専門医更新(2単位)の取得参加証が発行(予定)されます。(但し、関係者のみ)

主催:日本医学会
組織委員:大内 尉義・秋下 雅弘・辻  哲夫
参加費:無料 出席者は討論に参加できます。
入場券:参加申し込み後、10日以内に本会より送付します。
締め切り:先着500名(500名に達した場合には、入場券は送付いたしません)
問い合わせ先:日本医学会
〒113-8621 東京都文京区本駒込2-28-16 日本医師会館内
TEL:03-3946-2121(代) FAX:03-3942-6517

抄録PDF

第147回日本医学会シンポジウム抄録PDF

このページのTOPへ