シンポジウム

抄録

日本医学会・日本医師会合同シンポジウム

テーマ 医師の専門分野の偏在―現状とその対策―
日時 平成18年10月12日(木曜日)13時~16時30分
場所 日本医師会館 大講堂
〒113-8621 文京区本駒込2-28-16
TEL 03-3946-2121(代)
*車での来館はご遠慮ください。駐車できません。

プログラム

【司会】髙久 史麿(日本医学会長)・木下 勝之(日本医師会常任理事)

13時 開会の挨拶
  髙久 史麿(日本医学会長)
13時5分 若手医師から―産婦人科教育・診療の現場から
  宮城 悦子(横市大・生殖生育病態医学)
13時15分 若手医師から―小児科医の現状
  杉村 洋子(東大・小児医学)
13時25分 若手医師から―救急医学
  近藤 久禎(日医大高度救急救命センター医局長)
13時35分 マスメディアから―安心・納得の医療のために
  飯野奈津子(NHK解説委員)
13時55分 産婦人科から―産婦人科医療の現状と対策
  吉川 裕之(筑波大・婦人周産期医学)
14時15分 小児科から―「小児科医が足りない」とはどういうことか―そしてその対策は―
  別所 文雄(杏林大・小児科)
14時35分 救急医学から
  有賀  徹(昭和大・救急医学)
14時55分 厚生労働省から
  宮嵜 雅則(厚生労働省医政局医事課医師臨床研修推進室長
15時25分 討論
16時25分 閉会の挨拶
  久道  茂(日本医学会副会長)

参加者には、日本医師会生涯教育制度(5単位)ならびに日本内科学会認定内科専門医更新(2単位)の取得参加証が発行される。(但し、関係者のみ)

組織委員:金澤 一郎・鴨下 重彦・木下 勝之
参加費:無料 出席者は討論に参加できます。
入場券:参加申し込み後、10日以内に本会より送付します。
締め切り:先着500名(500名に達した場合には、入場券は送付いたしません)
問い合わせ先:日本医学会
〒113-8621 東京都文京区本駒込2-28-16 日本医師会館内
TEL:03-3946-2121(代) FAX:03-3942-6503

抄録PDF

日本医学会・日本医師会合同シンポジウム抄録PDF

このページのTOPへ