日本医学会について

日本医学会概略

その概略
明治35年(1902)4月2日から5日まで、16の分科会が合同して第1回日本聯合医学会を上野の東京音楽学校において開催した。これを公式に本会の創設日とする。
第3回からは日本医学会と改称し、以後4年ごとに開催、今日に至るまで連綿と継続されている。ただ、昭和22年開催の第12回総会のみ、終戦直後のため1年延期された。その12回総会で日本医学会の常設・恒久化が決議され、昭和23年3月8日に改組途上の日本医師会と合体した。
日本医学会の活動は、あくまで学問中心で、その会員制度は学会単位の加盟である。現在、128分科会(別項参照:分科会一覧)を擁している。

日本医学会の目的
上述の合体後、日本医師会定款第10章第40条に「日本医師会に日本医学会を置く」とされ、日本医学会は、日本医師会と密接な連携の下に、「医学に関する科学および技術の研究促進を図り、医学および医療の水準の向上に寄与する」ことを目的としている。

日本医学会の事業
日本医学会は上記の目的を達成するために、次のような事業を行っている。
(1)日本医学会総会の開催
(2)日本医学会シンポジウムの開催
(3)医学および医療に関する情報の収集と伝達
(4)その他学会の目的達成上必要な事業

歴代の日本医学会長

会 長 在 任 期 間
初代 田宮 猛雄 昭和23年4月1日~昭和38年7月11日
小林 芳人(代行) 昭和38年7月12日~昭和39年3月31日
第2代 小林 芳人 昭和39年4月1日~昭和51年3月31日
第3代 熊谷  洋 昭和51年4月1日~昭和59年3月31日
第4代 太田 邦夫 昭和59年4月1日~平成4年3月31日
第5代 森   亘 平成4年4月1日~平成16年3月31日
第6代 髙久 史麿 平成16年4月1日~平成29年6月 日本医学会臨時評議員会開催日

日本医学会総会

総 会 年 表
回 次 開催年 開催地 会   頭
第1回 明治35年 東 京 田 口 和 美
第2回 明治39年 東 京 北 里 柴三郎
第3回 明治43年 大 阪 青 山 胤 通
第4回 大正3年 東 京 大 沢 謙 二
第5回 大正7年 東 京 緒 方 正 規
第6回 大正11年 京 都 荒 木 寅三郎
第7回 大正15年 東 京 佐 藤 三 吉
第8回 昭和5年 大 阪 佐 多 愛 彦
第9回 昭和9年 東 京 入 沢 達 吉
第10回 昭和13年 京 都 森 島 庫 太
第11回 昭和17年 東 京 長 与 又 郎
第12回 昭和22年 大 阪 楠 本 長三郎
第13回 昭和26年 東 京 田 宮 猛 雄
第14回 昭和30年 京 都 松 本 信 一
第15回 昭和34年 東 京 内 村 祐 之
第16回 昭和38年 大 阪 今 村 荒 男
第17回 昭和42年 名古屋 勝 沼 精 蔵
第18回 昭和46年 東 京 冲 中 重 雄
第19回 昭和50年 京 都 平 沢   興
第20回 昭和54年 東 京 樋 口 一 成
第21回 昭和58年 大 阪 吉 田 常 雄
第22回 昭和62年 東 京 中 尾 喜 久
第23回 平成3年 京 都 岡 本 道 雄
第24回 平成7年 名古屋 飯 島 宗 一
第25回 平成11年 東 京 髙 久 史 麿
第26回 平成15年 福 岡 杉 岡 洋 一
第27回 平成19年 大 阪 岸 本 忠 三
第28回 平成23年 東 京 矢 﨑 義 雄
第29回 平成27年 関 西 井 村 裕 夫
第30回 平成31年 名古屋 齋 藤 英 彦
このページのTOPへ