日本医学会ホームページへ

日本医学会分科会利益相反会議

日本医学会分科会利益相反会議とは

 平成22年4月、各分科会がCOIマネージメント指針を策定することを目的に、日本医学会臨床部会の下部組織として日本医学会臨床部会相反委員会が新設された。同年7月15日開催の日本医学会臨床部会利益相反委員会ならびに日本医学雑誌編集者会議(JAMJE)合同シンポジウムを皮切りに、日本医学会分科会利益相反会議を毎年開催している。本委員会は「日本医学会 医学研究のCOIマネージメントに関するガイドライン」を平成23年2月23日に公表し、関連分科会が産学連携による会員の医学研究に関連して関係企業との金銭関係を自己申告で開示するルールを提示し、マネージメントの在り方について提案した。
 同ガイドラインを策定する過程において、産学連携で行う臨床研究だけでなく、基礎研究も含めるという観点から幅広く対応してきたことや、日本医学会加盟の全分科会を対象としたガイドラインとして策定してきたことを踏まえて、平成24年4月に日本医学会臨床部会利益相反委員会を日本医学会利益相反委員会と改称した。基礎・社会・臨床部門に跨るCOIマネージメントに関する諸問題を日本医学会分科会利益相反会議において検討すると共に、全分科会を対象としたCOI指針の策定状況調査も毎年実施しており、各分科会が産学連携による医学研究の推進に取り組み、適正にCOIマネージメントが行えるよう支援している。

お知らせ

組織

報告

議事要旨

第5回日本医学会分科会利益相反会議

テーマ:「医学研究のグローバル化とCOIマネージメント」
日時:平成26年11月28日(金曜日)13:00~16:20
場所:日本医師会館 大講堂
出席者出席者名簿(敬称略)

第5回日本医学会分科会利益相反会議

第5回日本医学会分科会利益相反会議・総会

シンポジウム

(座長)曽根 三郎(徳島大学名誉教授/徳島市病院事業管理者)
    土岐祐一郎(大阪大学大学院教授)

日本医学会分科会利益相反会議