日本医学会ホームページへ
日本医学雑誌編集者会議 Japanese Association of Medical Journal Editors

日本医学雑誌編集者会議とは

 日本医学雑誌編集者会議(Japanese Association of Medical Journal Editors:JAMJE)は、日本医学会分科会が発行する機関誌の編集者により構成される組織であり、平成20年8月1日に開催された設立総会において日本医学会の事業として発足した。
 国際的な医学雑誌編集者の団体として、国際医学雑誌編集者会議(ICMJE)や世界医学雑誌編集者協会(WAME)が存在するが、国内ではJAMJE設立以前は医学雑誌編集者が一堂に会する機会はなかった。JAMJE設立の背景には、WHO西太平洋地域医学情報データベース国内委員会(WPRIMJ、http://wprimj.umin.jp/)にて国内の医学雑誌の質の向上のために編集者間の意見交換の場を設けることが提案されたことが挙げられる。WPRIMJでの提案がきっかけとなり国内編集者会議開始に向けた準備会が開始され、JAMJEの設立に至った。
 JAMJEの設立総会にて、北村聖日本医学雑誌編集者組織委員会委員長から、JAMJEの活動目的として、1)医学雑誌と編集者の自由と権利の擁護、2)医学雑誌の質の向上への寄与、3)著者と医学雑誌・編集者の倫理規範の策定、4)海外の編集者会議との連携の4項目が提案され、承認された。JAMJEではこれら4項目に関するテーマに基づいた総会・シンポジウムを毎年開催している。
 海外の編集者会議との連携に関して、JAMJEはアジア太平洋医学雑誌編集者会議(APAME)の活動に参加しており、平成25年8月2~4日には日本医師会館を会場として、APAMEとの共催で「アジア太平洋医学雑誌編集者会議(APAME)・日本医学雑誌編集者会議(JAMJE)合同会議(APAME 2013 Tokyo)」を開催し、22ヵ国から250名の参加があった。
 JAMJEでは総会・シンポジウム開催のほか、国内の医学編集の事情を把握するためにアンケート調査も実施している。また、各編集者が編集方針を作成する際に参考とするためのガイドラインの作成が求められ、平成27年3月に「医学雑誌編集ガイドライン」を発行した。

組織


開催案内


議事録

第7回日本医学雑誌編集者会議(JAMJE)総会・第7回シンポジウム

テーマ:「不正論文と編集者の責務」
日時:平成26年11月5日(水曜日)13:00~16:30
場所:日本医師会館 大講堂
出席者出席者名簿(敬称略)

第7回日本医学雑誌編集者会議(JAMJE)総会・第7回シンポジウム

第7回日本医学雑誌編集者会議(JAMJE)総会

総合司会:北村  聖(日本医学雑誌編集者組織委員会委員長/東京大学医学教育国際研究センター教授)

シンポジウム

(司会)
  北村  聖
  湯浅 保仁(日本医学雑誌編集者組織委員会委員/東京医科歯科大学名誉教授)


日本医学雑誌編集者会議(JAMJE)


世界医学雑誌編集者協会(WAME)


ガイドライン


宣言