日本医学会分科会

日本医学会分科会情報

53

日本神経学会
Japanese Society of Neurology


代表者

代表理事:戸田 達史(東京大学大学院医学系研究科教授・神経内科学)

日本医学会評議員

戸田 達史(東京大学大学院医学系研究科教授・神経内科学)

日本医学会連絡委員

園生 雅弘(帝京大学医学部主任教授・神経内科学)

事務局所在地

〒113-0034
東京都文京区湯島2-31-21
一丸ビル
Tel:03(3815)1080 Fax:03(3815)1931
E-mail:jsn-office@gol.com

学会ホームページ

https://www.neurology-jp.org/index.html

会員数

8,835名(平成30年3月31日)

会費

一般会員16,000円
(代議員17,000円、理事18,000円)

機関誌

臨床神経学(年12回、電子ジャーナル)
Neurology and Clinical Neuroscience(年6回、電子ジャーナル)

法人格の有無

一般社団法人(平成21年5月19日)

学会設立年

昭和35年

医学会加盟年

昭和36年

事業報告・事業予定

【平成29年度事業報告、平成30年度事業報告(総会・その他)】
平成29年度事業報告
①第23回世界神経学会議(WCN2017)をWFNと連携して京都市で開催した。第23回世界神経学会議会長:水澤英洋 国立精神・神経医療研究センター理事長 会期:平成29年9月16日(土曜日)から9月21日(木曜日)までの6日間。
②第58回日本神経学会学術大会、第23回世界神経学会議と京都市で同時開催した。大会長:宇川義一 福島県立医科大学医学部神経内科学講座教授 会期:平成29年9月16日(土曜日)から9月21日(木曜日)までの6日間。
③第43回専門医試験を、第1次試験を平成29年6月10日(土曜日)に、第2次試験を平成29年7月8日(土曜日)に実施した。
④多発性硬化症・視神経脊髄炎、単純ヘルペス脳炎、認知症疾患及びてんかんの各診療ガイドラインを出版した。
平成30年度事業報告
①第59回日本神経学会学術大会を札幌市で開催した。大会長:佐々木秀直 北海道大学大学院医学研究院神経内科学教室特任教授 会期:平成30年5月23日(水曜日)から5月26日(土曜日)までの4日間。
②第44回専門医試験を、第1次試験を平成30年6月9日(土曜日)に、第2次試験を平成30年7月14日(土曜日)に実施した。
③パーキンソン病、脊髄小脳変性症・多系統萎縮症及びジストニアの各診療ガイドラインを出版した。また、筋強直性ジストロフィーほか3疾患に関する診療ガイドラインの作成作業を進めている。

教育・生涯教育活動等

【教育・生涯教育活動】
各地区毎に年1回講演会を開催・学術大会時にも開催

認定・専門医制度等

【専門医制度】
日本神経学会認定医(昭和50年7月)
平成13年4月より日本神経学会認定神経内科専門医に変更

事務局責任者・担当者

【事務局責任者】
池田 義春

このページのTOPへ